スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆別マ2014年10月号 ReReハロ#19☆

ReReハロ19









ReReハロ19-2


  「悪い 人数多くて  いつの間にか増えた」

リリコ「全然いーよー 手巻き寿司って人数多いほうが楽しいじゃん!」

     リリコ;((みんながいることで 昨日の動揺しまくった恥ずかしさが緩和されたし))

小泉 「こーゆー寿司の味 懐かしいな――――
    前よく食べてたよ 日本の寿司屋のはシンプルだよね」

斉木 「海外の寿司が派手すぎなんだって
    天ぷらとかチーズとかソース盛って あれもう寿司じゃねーだろ」

小泉 「全然SUSHIじゃないか」

     リリコ;((男ばっかの家庭で育ったから 男子がそばにいても なんともなかったのに
          ドキドキするたび 湊は特別なんだって 実感する))

チラと湊を見るリリコ
すると湊は自分で手巻きを作っていた


ReReハロ19-3


リリコ「これはやばすぎる~~~ もう素材のおいしさから全然違うし!

     リリコ;((舌が肥えてしまう!))

  「おれ そっちの玉子巻き食べたい」

リリコ「んっ  いくつ取り分ける?」

  「 1コ  あー 」

     リリコ;(( 直!? ))

リリコ「は はい   ドキ ドキ ドキ

リリコの手から ぱくっと食べる湊

リリコ「あっ! 言い忘れたけど これ 鶏そぼろご飯だよ お寿司と思ってたらごめ…」

  「――――――ん! 」


ReReハロ19-4

   
リリコ 「    寿司にシュークリーム・・・・   買ってきますか?」

星梨名「そーじゃなくて  早川さん作って?」

リリコ 「えっ!?  無理です あたしお菓子作れません」

湊・斉木・星梨奈「 え? 」

小泉 「 ?  モグモグ

斉木 「へー 作れないんだ? 意外ー」

リリコ「意外・・・ですか?」

  「うん リリコなんでも作れると思ってた」

リリコ「まさか  お菓子ってやたら材料や器材や時間やらかかるじゃん
    家事で手いっぱいで そんな余裕なかったよ    やる気も 

     リリコ;((かろうじて 塁が小っさい頃 プリンとかホットケーキ作ったくらいか?……))

星梨奈「え――――……… 食べたかったな……   ショボン…

リリコ未知なる物体(シュークリーム)ができてもいいならやってみましょう…!
       本みればそれらしきものは きっと 多分

星梨奈「や やめとく 

リリコ「そのうち 料理部でお菓子も習うはずなんで そしたら作りますね」


ReReハロ19-5


  「ここ  シワ寄ってた」

ばっ と両手で押さえるリリコ

リリコ「・・・・・・・・・・

  「別に お菓子は無理して作んなくていーよ」

リリコ「へ?  あ ちがう 別のこと考えてただけ」

  「別のこと? 何か悩み?」

リリコ「ううん 明日のことをちょっと……」

リリコをじ――――― と見つめる湊

  「なら いいけど なにかあったら 話して いつでも聞くから」

     リリコ;(( いつでも ))

リリコ「…ホント あたしいつも たくさん湊に助けられてるよね」

     リリコ;((いつも力になってくれたり 勇気付けてくれたり 嬉しい気持ちを))

リリコ「いつも 本当にありがとう」


ReReハロ19-6


リリコ「 ? 」

  「そのことで 話があるんだけど―――」

話の腰を折るように 突然星梨奈がガタンッと立ち上がった

星梨奈「やっぱり今すぐシュークリーム食べたい
    早川さん お店一緒につきあって?   にこぉ――――


リリコ「あ じゃあいってきます」

  「星梨奈!」

2人は出かけてしまった

小泉 「どーかした??   モグモグ

斉木 「・・・・・・・ 

  「・・・・・・・・・・」



リリコと星梨奈はタクシーで移動中・・・

     リリコ;((いつも 湊が何をしても どんなにこっちがドキドキしても
           これは湊の『普通』なんだって 言いきかせてきた    でも ))


  小泉 「もしかして 恋人になった?」

     「前と感じが違うね」



     リリコ;((小泉くんまでそう感じるって もしかして  もしかして
           『普通』じゃないの――――!?    ドキ ドキ ドキ))

星梨奈「小泉くんて 湊のことよく知らないんだね
    湊がある程度親しくなった子に優しいのなんか 当たり前なのに
    あんなこと言われたら変に期待しちゃうよね……  大丈夫?」

     リリコ;(( 期待感   期待感  期待感  ……… ))

リリコ「もちろん大丈夫ですよー わかってますから!   アハハッハハ

タクシーを降りて歩き出す2人

星梨奈「そーいえば 昨日 早川さんの彼氏候補の人に会ったよ?」

リリコ「? なんですかそれ?」

星梨奈「昨日 駅に一緒にいた人! 私は2人一緒のとこ 見てないけど……」

リリコ「名波くん!?」

星梨奈「名前は知らないけど 本人が早川さんの彼氏候補だって言ってた」

     リリコ;((    ))

星梨奈「知らなかったなー 湊が好きって言っておいてもう1人キープしてるなんて」

リリコちがいますっ!!

星梨奈の腕を掴むリリコ

星梨奈「痛っ」

リリコ「あたしが好きなのは湊です! 誓って湊だけです!!」

星梨奈「・・・・・・・   痛い 離して」

リリコ「星梨奈さん・・・」







次の日の学校

友人1「名波―――― きーたよ 昨日 彼女とイチャこいててコーチに怒られたって?」

友人2「え 彼女 この前別れたじゃん    2組のでしょー?

友人1「や 新しい彼女」

友人2「えぇ―― 早いよw 誰?」

友人1「同じクラスのハヤカワさんて子だって   なっ」

名波 「うん そー 早川リリコちゃん!」

がしっと名波の肩を掴むリリコ

リリコ―――というのは冗談ですから!   ハハハハハ

場所を移動して名波と話をする

名波 「 え? 」

リリコ「だから 昨日言ったことは取り消します
    噂は自分で否定するから 名波くんはもう気にしなくていいよ」

名波 「え だって 俺らがカップルってことにしといた方がてっとり早いって昨日―――」

リリコ「何の関係もない名波くんに そんなの頼めないよ
    それに やっぱ そーゆー嘘 頭こんがらがっちゃうし
    てわけで 迷惑かけてごめんね ありがとう   じゃ」

     リリコ;((は―― 危なかった ややこしいことになるとこだった))

腕を伸ばしてリリコが行くのを遮る名波

名波 「俺がただの親切で協力したと思ってる?」

リリコ「 ・・・え?」


ReReハロ19-7


名波 「・・・・・・・・か    顔?」

キ――ン コ――ン カ――ン コ―――――ン



授業中 前の方に座るリリコの後ろ姿を見つめながら考え事をする名波

     名波;((どこが好きか 考えてなかった
          グイグイいけば 大抵うまくいってたから 深く考えてなかったわ…
          いきなり変顔して吹いたし   
          どこが…ねぇ   うーん  顔はテキトーすぎたか  
          授業態度 クソマジメだな  髪が…健康そう?  うーん))

チャイムが鳴って授業が終わると リリコは振り返って名波を呼び
場所を移動して話し合う2人

リリコ「さっきはごめんね 告白してくれた人にあの態度はなかったと思う
    ほんとに予想外だったからびっくりして―――― で途中になっちゃったから返」

名波 「ストップ」

リリコ「 ! 

名波 「さっきのは 『つきあって』って意味で告ったんじゃなくて
    協力するのは迷惑じゃないってことが言いたかっただけだから 返事とか なし!」

リリコ「え でも

名波 「噂きいたら フツーに否定しとくよ 友達として協力する なら いいっしょ?」







バイトへ行くために電車を待つリリコ

リリコ「・・・・・・・」

     リリコ;((今日初めて人から告白されたんだなぁ 
          すごい事なのに なんでこんな実感薄いんだろ
          好かれてる気がしない? 名波くんと話すと 強引にペース持ってかれるせいか
          対話してる感じ しないんだよな・・・
          あたしの意見は必要としてないように見えるっていうか
          対話・・・・・・・・))


    「いつでもきくから」


     リリコ;((会いたいな 早く))

♪―――電車が参ります―――♪

     リリコ;((早く湊の顔が見たい
           今日は久々に一緒に便利屋のバイトだ! 確か犬の散歩って言ってたな))

電車が到着してドアが開く・・・


ReReハロ19-8


リリコ「ごごご ごめんっ!!!  うわっ

あわてて湊から離れるリリコ

  「・・・・・・・」

斉木 「乗らないのかと思った」

     リリコ;((びっくりした~~~~~))

リリコ「ボーッとしてました・・・   ハハハ  あれ 星梨奈さんは一緒じゃないんですか?」

斉木 「星梨奈ちゃんは――… 風邪で休みだよな 湊?

  「・・・ん」

斉木 「リリコちゃんこそ 最近 友達一緒じゃないの?」

リリコ「あたしがバイトの時は永遠 秦の部活見学してってるんです」

斉木 「へー」

    リリコ;((  ・・・?  ))




犬の散歩のバイト中の湊とリリコ


ReReハロ19-9


  「さっき 電車乗る前 驚いたような顔してたから 何かあったのかと思った」

     リリコ;((      ))

リリコ「あ―――…… あれは……」

  「 ? 」

リリコ「湊のこと考えた途端 目の前にいたから びっくりしすぎて・・・

     リリコ;((まるで 会いたいと思ったから 来てくれたみたいで    なんて!!))

リリコ「考えてみたら 帰りの電車一緒になることたまにあるし
    全然 不思議じゃなかったんだけどね!!    アハハハ  アホだ!

  「おれのこと?」


ReReハロ19-10


リリコの手を掴む湊

  「面白がってないよ」

湊に真剣な顔で見つめられて ドキンとするリリコ

  「リリコ  おれ―――――」

すると 突然犬がブルブルと体をゆすって水を飛ばしてきた

リリコ「っぷ!!  びしゃ 」

  「うわ!?  びしゃ  何!?」

リリコ「犬が水あびしてたんだ   つめたい

驚いた2人はリードを離してしまったため 犬たちが駆けだしていってしまった

湊・リリコ「あ―――――っ!?


ReRe19-11.jpg


公園まで戻った湊は 携帯でリリコに連絡をとろうとするが・・・

     湊;((……でないな   場所がわかれば向かえるん……))

無常にも 水飲み場のところに置いてあるバックの中から ブ―― ブ――と聞こえてきた

  「―――――――! 



リリコ「ソラちゃーん 待ってよ―――! あ――!またそーやって人ん家の庭通るー!!


ReRe19-12.jpg


リリコ「ってそれどころじゃなかった!」

そう言って走り出すリリコ

名波 「 !?  なになに どうしたの?   つーか足速いね 早川さん 」

ついていく名波

リリコ「散歩のバイトの犬が逃走中なの!!」

名波 「へー バイトって…… 散歩するバイトなんてあるんだ?」

リリコ「便利屋なのっ」

名波 「便利屋?」

リリコ「ソラっ!」

ソラはリリコに気づくと ピョンと飛んでまた庭に入ってしまった

リリコ「あっ ~~~~~~~」

名波 「・・・・・・・ お! カワエエ

リリコ「ソラちゃーん 寝るなら おうちでゆっくり寝よーよ」

名波 「あ …あったかな」

リリコ「暗くなってきたよ~~~? 一緒に帰ろ――?」

ソラが入った庭の家のインターホンを押すが 応答がない

リリコ「留守だ……」

     リリコ;((こんな知らない街でまっ暗になったら つかまらなくなっちゃう
          向こう側の家にも行ってみて 家の人がいたら話して入らせてもらおう
          いなくても 入らせてもらおう))

リリコ「ソラちゃーん ちょおーっとそのままそこにいてね   むこういくから

リリコの声を聴いて ソラが立ち上がった

リリコ「あっ ダメッ

     リリコ;((目が離せない……! むこう行ってる間に確実にこっちから逃げる気がする…
          こーなったらもう))


ReRe19-13.jpg


リリコは回り込んで名波のところまで走っていった

リリコ「名波くんっ!!」

名波 「ホイ」

リリコにソラのリードを渡す名波

リリコ「ソラっ よかった――!!

ソラに抱きつくリリコ

     リリコ;(( よかった よかった ))

リリコ「もう戻る時間なのに このままつかまんなかったら どーしようかと思った
    リードついたままで危なかったし  ごめんね ごめんね」


ReRe19-14.jpg


名波と別れて公園へ向かうリリコ



名波 「ヤベ いきなりだったし 犬可愛すぎて素だったわ

     名波;((ポイント稼げるチャンスだったのに 失敗した………))

名波は道路に落ちていた紙に気づき拾った
ひろげてみると・・・

名波 「H・Y・Aサービス……」



リリコは走りながら・・・

     リリコ;((名波くん いい人だった! 嫌なイメージで見てて悪かったな))

【#20へ続く・・・】

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
↑↓ポチっとしていただけると 餅兵衛が上がります(*´ω`*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
admax
プロフィール

まさみん

Author:まさみん
当ブログ画像の複製・転載は禁じます。(ここからの拡散を防ぐために・・・)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
他のブログ
ポチポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

ご訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。