スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆別マ2015年1月号 ReReハロ#22☆

ReReハロ22








     リリコ;((虹が出ていたのは 多分ほんの数分
           駅へと戻る道すがら空を見上げると その姿は跡形もなく消えていた
           だから尚更すべてが幻のようで まだ現実感がない))
         

ReReハロ22-3


リリコ「―――…猫?? 不思議な顔してる」

  「多分 エキゾチックショートヘア 昔友達が飼ってた」

猫の顔をうにうにとなでてやる湊

リリコ「へぇー 慣れてるね  あたしも……」

リリコが手を伸ばすと 猫はするりとよけて行ってしまい

リリコ「 あ 」

そばにあった椅子の上に飛び乗って座った


ReReハロ22-4


リリコか カップル!?   かぁ

店の人「あれ? 違った?」

  「いえ そーです」

リリコ「 !! そーなの!?

  「そーじゃん     何おどろいてんの

リリコ「そ そっか……」


ReReハロ22-5


  「…要らなすぎる……」

ゼブ猫を目の前にぶらさげて湊は言った

リリコ「湊 ほんとにもらっちゃっていーの?」

  「いーよ 半ば無理矢理買わされただけだし… (←買うまで離してもらえなかった)
    むしろ捨てていーから」 

リリコ「ええ なんで!? かわいいじゃん! 捨てないよ!!」

  「可愛いか~~~~?

そう言って湊が振り返ると リリコはカバンにゼブ猫を取り付けていた


ReReハロ22-2


すると 湊もリリコのように カバンにゼブ猫を取り付けていた

リリコ「・・・・・・・・つけるの?」

  「うん」

     リリコ;((―――意外… さっきは あんなにいらなそうだったのに・・・?))

  「リリコ すごいな」

リリコ「―――――え?」

  「さっきまでコレ 駅のゴミ箱に捨ててこーかって思うくらいいらなかったのに」

リリコ「  やはり


ReReハロ22-6


     リリコ;((すごいのは そんな風に言える湊のほうだよ
           今 あたし 飛びはねたくなるくらい  嬉しくなってる))


湊が手をつなごう~と言う感じで手を出してきた

リリコ「  ・・・・・・・ 」

     リリコ;(( 手を つなぐ ))

リリコ「・・・・・・・・」

じっとつないだ手を見ているリリコ

  「どーしたの?   手元ばっかみて

リリコ「・・・・・・・・うん・・・・ 今までは―――― 手をつながれると
    今 体調悪そうだから 手を引いてくれてるんだろうなーとか
    理由を探してたのに・・・ もう そういう必要ないんだな―――って……

     リリコ;((改めて 気付いて 驚いてる))

リリコ「理由がなくても 手つないでいいんだ・・・って ――なんか凄いね…」


ReReハロ22-7


     湊;((そんなことで 感動してくれるんだ))




駅に着いた2人

♪―――1番線に快速○○行きが参ります 黄色い線の内側に…… ―――♪

リリコ「あ 次快速だって ちょうどよかったね―――」

  「この次のに乗ろ」

リリコ「へ? ――次だと遅いよ?」

  「遅いほうがいーよ そのほうが長く一緒にいられる   ニコ

リリコ「そ そっか……    ……  あ  でもやっぱり速い方がいいよ!」

  「 ん? 」




湊のマンションに帰って・・・


ReReハロ22-8


  「久しぶりだな リリコが作ってるとこ見るの」

リリコ「時間ないから時短メニューでごめんね! 土日も練習で来れないしせめて今日くらい…」

  「いーよ 体育祭終わるまで 無しなつもりだったから 嬉しい

キッチンのリリコの隣へ行って

  「いーにおい  味見手伝おうか」

リリコ「プ 味見!?     それ手伝いっていわない
    今味見できそーなの フルーツサラダくらいしかないけど―――」

  「うま    パクパク

リリコ「湊 クリームちょっとついちゃってるよ    ははっ

     リリコ;((子供みたい))

  「え どこ?」


ReReハロ22-9


     リリコ;((さわっちゃったせいで  感触が・・・    ドキン ドキン ドキン))

  「リリコ? なに 頭でも痛いの?」

いきなり座り込んで頭を抱えているリリコを心配そうにのぞきこむ湊

リリコ「   ドキ―――ン    ――ち 違う 気にしないで
    ちょっと 思い出しただけだから……」

     リリコ;((あたし 湊とキス・・・したんだな―――――))

  「思い出す?」

リリコ「ハッ   じゃなくて エートー   ぶんぶん

     リリコ;(( あっ ))

リリコ「あっ そーだ! 味見は もういーよね!?

スタッと立ち上がって 突然言い出すリリコ

  「・・・・・・・」

リリコ「じゃ フルーツサラダは冷蔵庫に入れとかなきゃ!」

・・・ニッ と笑う湊 

  「ふーん?

ギクっとするリリコ・・・


ReReハロ22-10


ぶわっとまっ赤になるリリコ

リリコ「―――全然っ なんにも思い出してないですっ!! 何も!!」

  「うそだ―――」

     リリコ;((ぜっ 絶対これ いじわるだよ―――!? 無理無理 はずかしいし 言えないし))

リリコ「ホント……

よろけたリリコがカウンターに手をついたら 何かが落ちて ドスッと音がした


ReReハロ22-11


リリコぎゃああ 包丁! 落ちた! 刺さってる!!

  「あっぶねえぇぇ!?」

リリコ「足! 足近い!   ひぇぇぇ

湊・リリコ  「・・・・・・・    ドキン ドキン          ぷっ」

  「びっくりした――!」

リリコ「ホント  足の指6本になるとこだった   アハハ

  「やばい それ」




ReReハロ22-12


  「いただきます」

リリコ「どーぞ」

  「ん やっぱ ウマイ!」

     リリコ;((最初に食べた時も こーやって笑ってくれたんだよな……
          ムチャクチャな依頼だしワガママだし 早く片付けて帰りたい一心だったけど
          あの ウマイのひと言は なんだかすごく嬉しくなったのを覚えてる))

  「既に なつかしい感じあるな」

リリコ「ね まだ そんな前ってわけじゃないのにね」

  「 ふ 」

リリコ「えっ 何」

  「いや――あの時はまさか リリコとつきあうことになるなんて 予想もしなかったな――って」

リリコ「―――それは あたしは今日まで予想できなかったよ……

  「かなり態度に出してたのに……   は―――――
    なんで わかんないかな」

リリコ「う だから それは……っ あたし限定の態度だったなんて まさか思わなかったし
    それに 湊は 実は星梨奈さんのことが 好きなのかなって思ってたから――――」


ReReハロ22-13


リリコ「あ ところで 星梨奈さんは もう元気になったの?」

  「あ――― もう少し……かな おれも よくわからない」


  斉木 「オレらも会えなかったんだよね」


     リリコ;((もしかして 湊もまだ会えてないんだ…))

リリコ「・・・・・・・」

  「大―丈夫だよ! そんなに心配しなくても」

リリコ「・・・・・ うん・・・・」

  「それよりこれおかわりある?」

リリコ「あるよ―――」

     リリコ;((この前から 星梨奈さんのことをきこうとすると 少し湊の顔がくもる気がする…
          あんまり きかない方がいいのかな    会えないってことはうつる(感染)系かなぁ…))


食事が終わってリリコが帰るため マンション下まで一緒に降りていく

  「そーいえば 土日の練習って またお弁当持ってくの? あのナナミってやつに」

リリコ「ん? ないよ――― 男子は土日練習あるのかも知らないし」

     リリコ;((今日 抜けてきちゃったし))

  「そーなんだ よかった」

リリコ…… エート 体育祭が終わったら もしまた頼まれたとしても もうお弁当の依頼は断るね」

  「……うん ―――まぁ ただの依頼ならいーんだけどさ」

     湊;((進歩だ))

  「なんか 引っかかるんだよな あいつ 態度が……」

リリコ「・・・・・顔見知りとか知りあいとか―――ではないの?」

  「全然? 見たこともない」


  名波 「有名だもん 女グセ悪いって噂」


     リリコ;((てことは やっぱり名波くんが一方的に湊のことを知ってただけか―――
          それだけで悪く言われちゃうって…))

リリコ「有名人は大変だね―――

  「?     今日はホントありがと  来てもらう予定じゃなかったのに  ごちそうさま」

リリコ「こっちこそ!」

  
ReReハロ22-14


リリコ「……っ ……!?   バク バク バク

うろたえまくるリリコ

  「また 『ひそかに 別の誰かを好きなんだろう』なんて誤解されたらやだし
    これからは いつでも どこでも こんな感じでいこーか?  いじわる―――

リリコ!? もう絶対変な誤解しないから 普通でお願いしますっっ   ごめんなさいっっ
   
     リリコ;((おんなじなんだ 本当に  あたしが湊を想うのと おんなじ気持ちで
          湊も あたしのことを 想ってくれているんだ
          嬉しい  嬉しい  やっと今頃 実感できた気がする))


ReReハロ22-15

【#23へ続く・・・】

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


漫画・コミック ブログランキングへ
↑↓ポチっとしていただけると 餅兵衛が上がります(*´ω`*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
admax
プロフィール

まさみん

Author:まさみん
当ブログ画像の複製・転載は禁じます。(ここからの拡散を防ぐために・・・)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
他のブログ
ポチポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

ご訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。