スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ココハナ2012年2月号 アシガール第二戦☆

アシガール2-1






アシガール2-2

アシガール2-3

唯、ビックリして飛び起きる―――

  「? え――――と  あれは確か・・・」

     唯:((大河ドラマによく出てくるアレだアレ!  そう 足軽!!))

     唯:((足軽がっ・・・・・  いっぱいいる――――――っ!!))

  「こりゃどーゆーこっちゃ!?   尊!? たけ・・・・あ・・・」


ここで唯は尊の言葉を思い出した

  「タイムマシンが完成したんだ」

    「計算では戦国時代まで 約20秒で移動できる」

    「いざとなったら戦国の世で生き延びる自信がなくて―――」


     唯:(( ゴクリ まさかっ・・・・・あれ本当だったの!?
        本当に 戦国時代に来ちゃったってこと――――!!?))

  「しかも こんなっ 足軽がゾロゾロ群れてるド真ん中に―――!?」


唯は手元にある懐剣に気づいた

  「それはっ タイムマシンの起動スイッチだ!!」

  「そ・・・・そうか!!そ――だった これがスイッチ!!
    それじゃ これを元に戻せば多分帰れるんだっ」

懐剣を鞘におさめたり 引き抜いたりしたが戻れず
尊の説明では満月の夜に片道だけ1回移動できると言っていたので今帰るのは無理

  「えっ ど…どーして!? なんで戻れないの!? カチッ パチンッ カチッ パチンッ」

足軽 「何をしてる さっさと立て
    こんな山の中に置き去りにされたら迷って帰れなくなるぞ」

  「はい。 そ―――ですよねっっ」


木村様「倒れた者はおらぬか? ここはまだ敵地 休んでおるわけにはゆかぬ
    この山さえ越えれば御城下じゃ! 何としても生きて戻ろうぞ!」

足軽達「はいっっ!! 木村様ァ!! ううっ」

     唯:((状況が見えん・・・))

木村様「追手に気付かれるゆえ松明は使うな!
      前の者を見失わぬように歩け!」

     唯:((しかし どうやら戦いに負けて逃げてる超イタイ集団みたいだ・・・))

アシガール2-4

     唯;((かといって この山の中に置き去りにされたらマジでヤバいし……))

八助 「彦四郎 大丈夫か? 腹の傷 痛むじゃろ?」

彦四郎「八助どん… な… なんの これしき」

八助 「いや 辛そうじゃ 具足を外した方が楽じゃろ わしが持ってやろう」

彦四郎「…そうか すまぬの 八助どん」

彦四郎は具足を外した

アシガール2-5

     唯;((これで 朝になってもバレないだろう
        みんな同じかっこうだし 誰が誰やらわかるまい くっくっうまくやった
        ―――って それよりも これからどーなるの!? もう・・・帰れないの!?
        こんなことなら あのステーキ 食べてから来るんだった――っ!!))



朝になり 唯が目をさますと・・・

足軽1「誰じゃ こやつは?」

足軽2「知らねえ小僧じゃ」

     唯;((ほげぇぇぇぇぇ!! もうバレてる―――!!))

足軽1 「木村様!! 見たことねぇ小僧がまぎれ込んでおります!!」

     唯;((げぇ! みなさん お知り合いですか―――!?))

木村様「これ 小僧! うぬは何者じゃ?
    名は何と申す? 正直に申さぬと小僧とはいえ許さぬぞ!」

  「いや 小僧て・・・」

      唯;((男の子と思われてる!))

  「え・・・・・と そーですね・・・ ゆ・・・唯・・・のすけ・・・・・とか?」

木村様「わしが聞いておる!!」

足軽1あ! 唯之助といえば孫兵衛のせがれじゃな?」

足軽2「おお そういえば 十五になったせがれが新しく足軽になって来たと
    孫兵衛が言(ゆ)うておったの」

足軽3「そうじゃ そうじゃ 言うておったわ」

足軽4「「いや待て孫兵衛のせがれは弥之助じゃなかったか?」

足軽1「いや唯之助じゃ わしは聞いたぞ」

足軽2「そうじゃ そうじゃ」

足軽1「いや いや」

木村様「どうなのじゃ 唯之助!」

  「あ・・・・・っと   まごべえのせがれでござる

足軽2 「やはりそうか・・・孫兵衛親子はどちらも討死したと聞いたが・・・
    そうか お前は無事じゃったのか・・・」

足軽1「お前……着任早々敵に攻め込まれ父御(ててご)を亡くしたか・・・」

足軽3「へこたれるな唯之助! ご城下はもうすぐじゃ
    じきにお城も見えよう!」

足軽 「そうじゃ 唯之助! 父御(ててご)を失うたと嘆くより
    我が身が生き延びたを喜びさっしゃい!」

  「はい・・・・・・あ、ありがとうございます」
 
木村様「よし よかろう では 出発じゃ!」

  「よかった~~ 見かけによらずみんなチョロくてたすかった~~~

      唯;((しかし 小僧だのせがれだのと 私を男と決めつけて
          誰ひとり疑問に感じないってのはどーゆーのよっ あんたらっ))





  
     唯;((腹ペコで死ぬ・・・・・・))

木村様「みなの衆!! 見よ!!」


アシガール1-11

  
足軽 「よかったの唯之助 もうすぐおふくろ様に会えるぞ」

  「うん!!」

足軽 「お前の無事を聞けば さぞ喜んで出迎えられよう」

  「う・・・」

      唯:((ま 待てよ この場合おふくろ様ってのは
         孫兵衛の妻で せがれの母のことじゃん そんな人に会ったらうそがバレるじゃん))

足軽 「おっ? どうした唯之助?」

  「わ・・・わし ちょっとトイ・・・ しっ小便じゃ!」

そう言って山のほうへ駆け出していく唯・・・

足軽 「な――んじゃ 相当たまっておったの」

      唯:((みんなとはお城には行けない! 飯にもありつけないよ―!!))

力尽き倒れこむ唯

  「うう・・・もうダメだ 腹ペコで死ぬ・・・・
    まさか自分がよりによって餓死するとは夢にも思わなかったよ・・・」


 ・・・・・と 目の前にキノコがー

       唯;((あ・・・・あれはっ))

  「しいたけだァァァ!!

       唯((しいたけにしては少し赤いけど、てゆーかかなりまっ赤で白い模様もあるけど・・・
         でもこれは絶対しいたけだし しいたけは食べられる!
         毒じゃない 毒じゃない 毒じゃな・・・・・))

?? 「 毒じゃ 」

アシガール2-6

アシガール2-7

【第三戦に続く・・・】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
admax
プロフィール

まさみん

Author:まさみん
当ブログ画像の複製・転載は禁じます。(ここからの拡散を防ぐために・・・)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
他のブログ
ポチポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

ご訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。