スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆YOU2015年3月号 高台家の人々第23章☆

高台家23-1
(ネタバレになります まだ知りたくない方はここでページを閉じて下さいネ)




さいとう動物病院 診察室にて

動物病院受付「純先生 青い瞳の王子様」

  「え?」  ドキンとする純

動物病院受付「お時間 大丈夫ですか? 今日はデートなんでしょ? 王子様と」

  「・・・・・ああ まだ大丈夫」

     純;((和正のことか―― ドキッとした 
        『青い瞳の王子様』  10年間 心の中で 光正さんのことを そう読んでたから))

  「ってゆーか デートとかそんなんじゃないから」

動物病院受付「はぁ? だって二人で食事に行くんでしょ?」

  「まあ・・・そーなんだけど」

動物病院受付「じゃあ デートじゃん こっちは悶絶するほどうらやましいのに! キレますよ」

  「ご・・・ごめん」

     純;((でも本当に   和正の気持ちはよくわからない あの日 突然))


和正 「君が兄貴だけを見てるから やきもち焼いてたみたいだ」


     純;((と 言われて 死ぬ程びっくりしたし 正直 ドキドキした
        でも その後 『好きだ』 とも 『つきあって』とも言われてないんだ
        ま あの時 そう言われても YESとは言えなかったけど

        時々こうして 誘ってくれたりするけど どーゆーつもりなのか全くわからない
        あの言葉は また 私をからかっただけなのか))


    高台家23-2





場所を移して 二人で食事に・・・

  「あ そうだ 先週 偶然 しーちゃんに会ったよ 彼と一緒だった」

和正 「ふ――ん」

  「岸本さん 会ったことある?」

和正 「いや」

  「すっご―――――― く感じのいい人で すっごくすっご―――― く優しそうだった」

和正 「・・・・・・・ 何が言いたいかはわかる」

  「ふふっ」

     純;((でも ちょっと 以外だった しーちゃんの相手はハリウッドセレブみたいな
        ゴージャスなイケメンだと なんとなく思ってたから
        そういえば 光正さんの恋人の平野さんも すごーく フツ――の人だし
        高台三兄弟のように 自分が超美形だと
        案外 相手の容姿は気にならないものかもしれないな
        和正はどうなんだろ?      あ ))


   高台家23-3



     純;((和正は面食いなのか――― じゅあ やっぱ 私は眼中にないな
        いや 別に どーでもいいんだけど))



   高台家23-4



和正 「純先生は―― 」

  「何?」

和正 「彼氏 できたの? 合コンとか・・・ 行ってる?」

  「合コン・・・は 当分 やめとくよ この前の男でこりたし」

和正 「ハハハ」

     純;((やっぱ こいつ 何考えてるか 全然 わかんない))






日付変わって 高台家の夕食時・・・

     和正;((家の中で 秘密が持てないなんて 想像するのも恐ろしいだろ
         もちろん僕らは お互いの頭の中を覗くことができるが
         誰かが悩んでるっぽい時は そっとしておくし 口を出したりしない))


    高台家23-5



茂子 「だったら サッサと食べて 部屋に行きなさいよ! 私たちは食事中なの!」

和正 「そうしたいけど」


   高台家23-6



茂子 「あんたは純が10年間ず――っとみっちゃんを好きだったこと百も承知でしょ」

光正 「・・・・・・・」

和正 「わかってるよ」

茂子 「純が こっちがダメならこっちなんて 切替えられるような 器用な人間じゃないことも」

和正 「よくわかってるって」

茂子 「だったらどうして意地の悪いこと言うのよ
    だいたいカズはどこまで本気なのかわかんないのよね いいかげんな気持ちで純に近づくな!」

     ヨシマサ;((・・・・・・・))

     光正;((言うだけ言ったな))



    高台家23-7



茂子 「何考えてるか よくわかんないんだけど みっちゃんわかる?」

光正 「いや」

     光正;((自分でも わかってないんじゃないか? 迷ってるんだろ))

     茂子;((多分 純も迷ってるんじゃないかな  カズまで純を傷つけたらどうしよう))

     光正;((・・・までって何? 僕は何もしてないだろ))

     茂子;((・・・・・・ そーだけど))





純が往診で外回りをしていたら―――

     純;((ああ・・・・・・  そ――――か))



   高台家23-8



     純;((でも   和正は   本当はそこまで 嫌なやつじゃないこと 私は知ってる
        きっと 慰めてくれたんだ・・・ でも・・・何か  それが悲しい))

【第24章へ続く・・・】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
admax
プロフィール

まさみん

Author:まさみん
当ブログ画像の複製・転載は禁じます。(ここからの拡散を防ぐために・・・)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
他のブログ
ポチポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

ご訪問者数
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。